京会席を
ブッフェで味わう

  

京会席

料理人がこだわりに抜いた
旬の食材を丹精込めてお作りした京会席の朝食。
京会席の朝食をブッフェスタイルで
朝から非日常をご堪能ください。

先付  おばんざい

今が旬の冬瓜をとろろ昆布と一緒に炊き、昆布の旨味をたっぷりと染み込ませて上品な味わいとなった「冬瓜の昆布煮」や、山科茄子を丁寧に焼き上げたシンプルだけど香り高い「焼き茄子」などを先付としてご提供しています。
季節や仕入れ状況によって変更となる場合がございてす。予めご了承くださいませ。

刺身

新鮮な蛸をさっぱりとカルパッチョでお召し上がれます。
季節や仕入れ状況によって変更となる場合がございます。予めご了承くださいませ。

焼物

淡白な白身が美味しい旬のカマスを海苔の佃煮とともに焼き上げたことで、カマスの旨味と佃煮の甘みが混ざり合った「カマスの海苔焼き」はまさに絶品です。
京都らしい食材の一つである「胡麻豆腐」は、焼くことにより胡麻の香りが引き立ち、よりもっちりとした食感になります。ぜひ一度ご賞味ください。
季節や仕入れ状況によって変更となる場合がございます。予めご了承くださいませ。

酢の物

「貝の土佐酢ジュレ掛け」は、貝の上に土佐酢をゼリー状にしたジュレをかけ、暑い夏でもさっぱりと召し上がれる一品となっております。
季節や仕入れ状況によって変更となる場合がございます。予めご了承くださいませ。

揚げ物

琵琶湖産の鮎を天ぷらにしたことで、サクサクとした食感とふっくらとした身、鮎独特の苦味のハーモニーを楽しめる一品になっております。
季節や仕入れ状況によって変更となる場合がございます。予めご了承くださいませ。

蒸し物・煮物

「厚揚げの夏野菜餡掛け」では、服部豆腐さんの厚揚げを使用し、白出汁でじっくりと炊き上げたことで、夏野菜との相性も抜群です。
蒸し物では「帆立の檸檬蒸し」をご提供し、帆立を檸檬と蒸しあげてポン酢餡を掛けた一品で、朝からさっぱりとお召し上がりいただけます。
季節や仕入れ状況によって変更となる場合がございます。予めご了承くださいませ。

ご飯・椀物

自家茶畑で丹精込めて育てた茶葉を摘み子により丁寧に摘み取り自社工場にて製造されている長谷川栄製茶場さん。そんな長谷川栄製茶場のほうじ茶を使用して作り上げた料理人こだわりのメニューや、当ホテル自慢のご褒美粕汁なども是非ご賞味ください。