宿泊予約

1.宿泊日
2.ご宿泊数
 泊  
3.宿泊人数
大人   名様  
4.部屋数
 部屋  

プラン一覧お客様登録ご予約の確認・変更・取消 パスワードの確認

閉じる

公式ブログ

鬼怒川周辺

鬼怒川 あじさいのたより


みなさま、こんにちは

鬼怒川温泉山楽 斎藤でございます。

いよいよ6月も終わりが近づき、まだまだじめっとした時期ですが、梅雨も捨てたものでもありません!

梅雨の時季が近づくと蛍の活動が活発になりだしたり、色鮮やかなあじさいが見ごろを迎えます。

前回、蛍について紹介いたしましたので、今回はあじさいについて紹介していきたいと思います。

言わずと知れた「あじさい」ですが、原種のガクアジサイ、ヤマアジサイ、エゾアジサイが自生する日本が原産国とされています!!

今では梅雨の風物詩として人気のあるあじさいですが、その歴史は古く万葉の時代にも登場するほどです。

ですが、花言葉にある「心変わり、移り気」などマイナスなイメージや、

江戸時代では、「ユウレイバナ」と呼ばれ、見向きもされない花でした。

この3種の原種のあじさいは、海外に渡り、ヨーロッパを中心に品種改良が盛んに行われ、

人気の高い西洋アジサイは、そうして海外で生まれた代表的な品種なのだそう。

同じ種類のあじさいでも咲かせる花の色がそれぞれ違う理由をご存知ですか?

実は、土によって色を変えるというあじさい。酸性は青色、中性は赤紫色、弱アルカリ性は赤色やピンク色になり、

アルカリ性の濃度が高すぎても枯れてしまったり、育ちが悪くなることもあるそうです。

また、日本に青色のあじさいが多いのは、土壌のほとんどが酸性だからなのだとか。

ここ、鬼怒川では鬼怒川公園をはじめ、川治あじさい公園や各所であじさいが咲いています。

元気な女性

辛抱強い愛情

一家団欒、家族の結びつき

と花言葉にあるように雨の中、辛抱強く元気に咲くあじさいを家族で見に出かけてはいかがですか?

鬼怒川にお立ち寄りの際は、是非ここ、山楽にお越しくださいませ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイブ
カテゴリー

宿泊予約

宿泊予約

1.宿泊日
2.ご宿泊数
 泊  
3.宿泊人数
大人   名様  
4.部屋数
 部屋  

プラン一覧お客様登録ご予約の確認・変更・取消 パスワードの確認