宿泊予約

1.宿泊日
2.ご宿泊数
 泊  
3.宿泊人数
大人   名様  
4.部屋数
 部屋  

プラン一覧お客様登録ご予約の確認・変更・取消 パスワードの確認

閉じる

公式ブログ

観光スポット情報

鬼怒川周辺

深まる秋 日光 ・ 鬼怒川 


みなさま こんにちは

鬼怒川温泉 山楽 でございます。

暑さ厳しい夏も過ぎ、日光東照宮や中禅寺湖周辺は紅葉の見ごろを迎え、ここ鬼怒川、川治の紅葉も徐々に色付いて参りました。

今回は奥日光の紅葉絶景ポイントをスタッフが撮影した写真とともに紹介してゆきたいと思います。

1. いろは坂を抜けてすぐ 「 明智平 」

心地よい風と雄大な自然の絶景が運転の疲れを癒します。
明智平からは 華厳の滝 中禅寺湖 男体山 を望むことができ、また明智平駅と展望台駅を結ぶ、運行時間3分の明智平ロープウェイで明智平展望台から見ることができる景色はまた一味違った絶景を楽しむことが出来ます。
 
◇ 絶景ポイント ◇
 
駐車場から望む、男体山、女峰山、丹勢山
 

 

∇▼  明智平ロープウェイ  ▼∇

営業時間 : 9:00 ~ 16:00  区間運行時間 3分
  大人 : 片道400円、往復730円
  子供 : 片道200円、往復370円

駐車場30台ほど、トイレ、販売所もございます。
中禅寺湖に観光に向かわれる際はぜひお立ち寄りください!

 
 
2. 神々が奪い合った美しい湖 「 中禅寺湖 」

『 その昔、男体山の神(大蛇)と赤城山の神(ムカデ)が美しい中禅寺湖を我、領地にせんと奪い合いの戦いをしました。しかし中々勝負がつきませんでした。そこで男体山の神は鹿島の神に助けを頼み、鹿島の神の紹介で男体山の神の子孫で弓矢の名手の猿丸の協力を得て、赤城山の神の目に矢を射当て退散させました。』
その時の戦いの場となった所 「 戦場ヶ原 」
勝負がついた場 「 菖蒲ヶ浜 」
男体の神が勝利を喜び歌い踊った所 「 歌ヶ浜 」

今でも正月四日には男体山の神を祀る日光二荒山神社では、赤城山の方へ向って矢を射る武射祭が行われ、現代にも中禅寺湖に関する伝説や逸話は数多く語り継がれ、またこのような祭りなど、その名残を残しています。

そして、中禅寺湖は日本一標高の高いところにある湖で、水面海抜は1269メートルと東京スカイツリーの約2倍の高さにいちする湖なのです。
湖の大きさは11.62平方キロ、日本で25番目に大きいとされています。
 
◇ 絶景ポイント ◇
 
中禅寺湖と背にある社山や半月山の紅葉を見渡すことのできる湖畔の桟橋
 

 

∇▼  中禅寺湖遊覧船  ▼∇

・中禅寺湖を1周コース
 所要時間55分。
 湖畔のイタリア大使館別荘記念公園・日光山中禅寺
 立木観音・日光二荒山神社中宮祠・男体山・菖蒲ヶ浜を
 望むことが出来るコース

・千手ヶ浜コース(期間限定)
 千手ヶ浜コースは所要時間40分。
 中禅寺から千手ヶ浜まで風景を楽しみながら、
 穏やかな船旅をお楽しみ下さい。

どちらのコースも揺れもほとんどなく、お子様からご年配の方まで
安心して楽しむことができます。

その他にも、スワンボートのレンタルもすることができ、自由に中禅寺湖を遊覧することができます。

中禅寺湖周辺には無料、有料駐車場を始め、多数の飲食店がございます。

 
 
シリーズ記事  深まる秋 日光 ・ 鬼怒川 ②
 
シリーズ記事  深まる秋 日光 ・ 鬼怒川 ③
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイブ
カテゴリー

宿泊予約

宿泊予約

1.宿泊日
2.ご宿泊数
 泊  
3.宿泊人数
大人   名様  
4.部屋数
 部屋  

プラン一覧お客様登録ご予約の確認・変更・取消 パスワードの確認