新着情報

プレミアな旅企画

観光、イベント

【兼六園】
雪吊り作業 11月1日~


兼六園の冬の風物詩といえば

雪吊りされた「唐崎松」

ライトアップ期間には、雪吊りの曲線が闇夜に美しく映え

まさに金沢を代表する冬の絶景です。

 

 

%e5%85%bc%e5%85%ad%e5%9c%92%e3%80%80%e7%a7%8b%ef%bd%9e%e5%86%ac%e3%80%80%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97_jalan_160229

(写真提供:金沢市)

 

この「唐崎松」の雪吊りを始めるのは、

11月1日午前9時から。

その雄大かつ、繊細な職人技が光る雪吊りの作業を

間近で見ていただける貴重な機会ですので

ぜひ、兼六園へお立ち寄りくださいませ。

 

◆アクセス◆
兼六園まで   ホテルから徒歩 約5分

 

◆兼六園HPより◆

1 兼六園の雪吊り作業について

 特別名勝「兼六園」では、雪害から樹木を守るため、
毎年11月1日 から雪吊りを実施しています。
北陸の冬の風物詩を観賞、堪能してください。
2 兼六園の雪吊り

(1) 作業開始日時
11月1日 午前9時から
(2) 作業開始樹木
 雪吊り作業は、毎年「唐崎松」から始めます。
園内随一の枝ぶりを誇るこの松は、
5本の芯柱が建てられ、総数約800本の縄で枝を吊ります。ただし、雨天や強風の場合は、
作業員が芯柱に登ると滑り落ちる危険がありますので、
低い樹木から作業を開始しします。
■唐崎松

・高さ9.0m、枝張り20.0m、幹周り2.6m
・芯柱    アテ丸太5本(最大高さ16.0m)
・藁縄(荒縄) 径6、8mmの縄を50~200本(/芯柱)使用  合計約800本。

 


アーカイブ
カテゴリー

空室検索

金沢白鳥路 ホテル山楽金沢白鳥路 ホテル山楽金沢白鳥路 ホテル山楽